So-net無料ブログ作成

<陸山会土地購入>石川氏2.8億円「寄付なかった」(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入に伴う会計処理を巡る問題で、同会が05年1月、小沢氏関係の2政治団体から寄付された計2億8000万円について、事務担当者で小沢氏の元秘書だった石川知裕衆院議員=北海道11区=らが東京地検特捜部に「実際には寄付はなかった」と供述していることが分かった。土地は04年10月に購入済みだったが政治資金収支報告書には寄付直後の05年1月と記載。この時期の購入原資と装うため虚偽の寄付の記載をしたとみて、特捜部は石川氏から再聴取して解明を進める。

 これまでの調べなどによると、陸山会は04年10月、小沢氏から手持ちの現金4億円を受領し、東京都世田谷区の土地を約3億4000万円で購入した。この直後、金融機関に4億円の定期預金を組み、これを担保に小沢氏名義で同額の融資を受け、これを小沢氏からの借入金として収支報告書に記載し「土地購入の原資」と説明してきた。

 しかし、現金4億円で土地購入代を支払った後、さらに4億円の借入金をする目的が不明なうえ、同会の収支報告書には小沢氏からの現金4億円の記載がなく、土地は05年1月7日に購入したと記載されている。

 一方、収支報告書にはこの2日前の05年1月5日、小沢氏の関係政治団体「小沢一郎政経研究会」から1億5000万円、小沢氏が代表を務める「民主党岩手県第4区総支部」から1億3000万円が入金されたと記載されている。これと、定期預金を除く前年からの繰越金1億3800万円余を合わせると、陸山会には4億1800万円余の資金があり、1月7日の土地購入代金に充てられたように見えるようになっていた。

 ところが、この計2億8000万円は実際には陸山会へ移動した形跡がなく、石川氏や、05年に事務を引き継ぎ記載した元私設秘書も特捜部の聴取に対し、陸山会への入金がなかったことを認めたという。

 特捜部は04年10月に小沢氏の資金で土地を購入済みだったにもかかわらず、これを隠して05年1月の購入だったとする収支報告書を作成するため、計2億8000万円の移動を装った疑いがあるとみている模様だ。

【関連ニュース】
陸山会土地購入:「先生に4億円返す」東京地検がメモ押収
陸山会不透明会計:石川議員が「やましい金は一切ない」
陸山会不透明会計:土地取引、小沢氏が選定に関与か
陸山会資金移動:不記載17億円 05、07年にも
陸山会資金移動:小沢氏に聴取要請へ 東京地検

市街地、がれきで白っぽく=ハイチ地震、衛星で撮影−宇宙機構(時事通信)
「派遣村」の継続 市民団体が要望(産経新聞)
<中央防災会議>被災地生活支援の特別立法を検討(毎日新聞)
<シー・シェパード>衝突海域で矢を回収 水産庁(毎日新聞)
<自民党>参院選目標定まらず「改選第1党」壁高く(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。